アコギのサイズ

アコースティックギターのボディサイズは現在はとてもたくさんある。

マーティンのドレッドノートが開発される前まで、アコースティックギターはシングルオー、ダブルオーが主流であった。
音楽の流行に合わせて大きいサイズで大きな音量が求められた。
ギブソンはさらに大きなジャンボサイズが発売され、概ね大きなサイズはジャンボ、ドレッドノートであり、最小はシングルオーでしょう。
その間には、長らくOMがあり、ギブソンはクラシックギターのサイズに近いLGタイプがあった。

1980年代頃からハンドメイドのギターが増えてきて、様々なサイズのギターが出てきた。
アーヴィン・ソモジのMD(モディファイド・ドレットノート)などは人気があり、OMに近いサイズだが曲線がなだらかになっているものも多い。

なぜこれだけいろいろなサイズが存在するのか。
簡単な理由としては、大きな音量がほしいから大きなボディが求められてきた。
しかし、レコーディング技術、PA技術の発達によりギターそのものの音量差はそれほど気にしなくていい時代だと思う。

そうすると、弾き心地、音のバランス、音色といった違いがサイズによって異なるせいなのだろう。
単純に大きなボディは小さな体では弾きにくい。
やはり体にあったサイズのギターというのは大事でしょう。

よく言われるのは、ドレッドノート、ジャンボはストローク向き、OMは指弾き向きということ。
しかし、これも一概には言えない。
確かにドレッドノートの強い低音はストロークに向いているが、指弾きでもその低音を生かすことができる。
レコーディングにおいてはドレッドノートのストロークでは低音が強すぎると感じ、バランスのとりやすいOMでストロークするケースもある。

大きなボディだからストローク、小さなボディだから指弾き、というのではなく、自分の演奏スタイルにどのサイズが合うかというのは実際に弾いてみないとわからない。

楽器店では試奏もできるし、市場に出回らないハンドメイドギターも最近は東京のハンドクラフトギターフェス、大阪のサウンドメッセではいろいろと展示され、試奏もできます。

あまり印象づけず、いろいろなギターの音を実際に聴いてみましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。