ザビエル大村ライブ@宮内家レビュー

8月11日は埼玉南浦和の宮内家でザビエル大村さんのライブを見てきました!

ザビエルさんはブルース、カントリーといったルーツミュージックをベースにしています。
ギターのテクニックも凄まじいが、歌も魅力的であり、ライブでは歌とインストが半々と言ったところ。
まずは、セットリストから。

——————————————–
今夜はいい気分
Kind Hearted Woman Blues(Robert Johnson)
真夜中のブルース(Robert Johnson)
Cross Road Blues(Robert Johnson)
Walkin’ Blues(Robert Johnson)
演歌&ブルース
Somebody Stole My Gal(Leo Wood)
Deep River Blues(Doc Watson)

Cloud Nine
南風(ぱいかじ)
ビール色の夕焼け
ウヰスキー・リバー
組曲:軟体動物
オクトパス・ドリーミング
カラマリ・ダンシング
塀の上のニャンコ
Cannonball Rag(Merle Travis)
Diddie Wa Diddie(Blind Blake)

■アンコール■
ひねもすのたり
I’ll See You In My Dreams(Isham Jones)
——————————————–

前半はブルース、後半はオリジナルが中心。
カヴァーは原曲の作曲者を記載しています。

使用ギターは鷲見ギターで、ギブソンL-00をコピーしたモデル。とても太く力強い音です。もう一本、ワイゼンボーンスタイルのギターでスライドギターも披露しました。
学生の頃からブルースギターに精通し、その奏法はいわゆるフィンガースタイルギターとは異なったとても力強い演奏です。ブルースの泥臭さを見事に表現してますが、決っして荒くありません。これだけ迫力ある演奏をしながら、歌も歌うというが昔のブルースマンさながらです。

歌ものは英語が原曲ですが、全て日本語のオリジナルの訳で、原曲に近い訳もあれば、「Walkin’ Blues」のように原曲とは全く違う歌詞もあり、とてもユニークです。
歌はなんといっても声がいいです!ギター同様太く力強い声がブルースによく合います。

これほど迫力あるブルースは現代、それも日本ではなかなか聴けません。
また、ブルースの完コピではなく、歌詞にも見えるようにオリジナリティがとても強いです。
ブルース好きはもちろん、ブルースに興味はなくてもギター好きにはぜひ見てもらいたいミュージシャンです。

ザビエル大村 ホームページ
http://www.eonet.ne.jp/~xavier-ohmura/

ザビエル大村動画

与作のBLUES

Somebody Stole My Gal

ビール色の夕焼け

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。