ライブレビュー〜吉川忠英ライブ@宮内家 OA橋村姫

1/12(土)は埼玉南浦和宮内家で吉川忠英さんのライブを見てきました!
オープニングアクトの21才シンガーソングライター橋村姫さんからスタート。
みずいろの雨(八神純子)、私が髪を切ったのは(オリジナル)、サイレント・イブ(辛島美登里)を見事な歌いっぷりで披露。
高い歌唱力と情感溢れる表現力が素晴らしかったです。
最後にオリジナル曲「あなたへ」を忠英さんのサポートを受けながら歌いました。ドラマティックな楽曲に忠英さんのフレーズが映えます。始めて合わせたとは思えない完成度でした。

忠英さんはオリジナルのインスト、弾き語りを次々と披露。
ご自身が手がけたヒット曲も歌あり、インストと多様に紹介。
メドレーではビートルズのブラックバードやレディ・マドンナや、アルハンブラの思い出やモルダウなどクラシック等様々なジャンルの楽曲を詰め込み、ギター音楽の多彩さを見せてくれました。
落語も披露し、吉川忠英さんの魅力が凝縮されたセットリストです。
アンコールでは日本語訳の「風に吹かれて」(ボブ・ディラン)を橋村姫さんと一緒に歌唱。元々は矢井田瞳さんと一緒にレコーディングされた曲です。
最後は日本語訳の「500マイル」。

忠英さんの歌とギターが濃密なライブでした!
とにかく終始パワフルで勢いのあるステージでした。
ご年齢を考えると驚異的です。

以前忠英さんはインタビューで、人間は120才くらいまで生きられるから、110才くらいまでギターを弾きたい、とおっしゃっていました。
本当にできそうだな、と感じさせる1日でした。

画像は橋村姫さんTwitterより
https://twitter.com/Hime_Hashimura

橋村姫さんは3/16百花繚乱にも出演します!

http://www.aco-world.com/event/190316

ライブレビュー坂元昭二謹賀新年コンサートvol.7

1/5は埼玉、南浦和の宮内家で坂元昭二さんの謹賀新年コンサートvol.7を見てきました!

坂元さんの謹賀新年コンサートはゲストが多彩。
今年も3組のゲストが出演していました。

順番に紹介していきます。

☆田中永美☆
https://emi-tanaka.com
セットリスト
 はじまりのウタ
 時代(中島みゆき)
 ルーチェ
 間違ってるかな?
 Colorful

着物姿で登場の田中永美さん。
田中永美さんを始めて見たのは2年前、2016年の坂元さんの謹賀新年コンサートでした。
坂元さんのレーベルからアルバムも出しています。まだ音楽活動を始めて3年足らずですが、ライブを見るたび良くなってきてると思います。
この日もとても伸びやかに歌い、メッセージ性の強く楽曲が生き生きとしていました。

☆春妃☆
https://twitter.com/ahahahaharuhi05
セットリスト
 故郷(唱歌)
 生きる

2番手は春妃さん。
北海道で活動し、現在は東京を拠点としているSSW。
高い歌唱力でとてもパワフル。それでいてきれいに歌い上げる、初見ですがとても素晴らしいSSWです。
これからの活動が期待されます。

☆はなおと☆
https://hanaototo.jimdo.com
セットリスト
 雨ニモマケズ
 。。。曲名を聞き逃しました。。。
 おなじこの陽を見て
 んだなはん
 笑えばいいべ

岩手出身、東北を中心に活動している、ヴォーカル仙波明夏さん、ヴォーカル、ギター安藤孝人さんのデュオ。
とにかく歌声が美しい!
ゆったりとした曲もアップテンポの曲もあるが、その歌声が見事にはまりとても聴き心地のよい音楽です。

☆坂元昭二☆
http://www.december.co.jp
セットリスト
 天竺回廊
 マラケシュ
 ミストラル
 北の国から
 生きていると言うことは
 木星が視えた夜
 あの頃
アンコール
 この街で生きて行く(全員)

最後は坂元さん。インスト中心ですが、歌も歌っています。
坂元さんの楽曲は世界観が広く、和の雰囲気もあればスパニッシュな「ミストラル」やインド風の「天竺回廊」など様々。
今回は田中永美さんが「北の国から」で伴奏、「生きていると言うことは」ではリードを演奏。
坂元さんが課した修練のようにも見えます(^^)
アンコールでは「この街で生きて行く」を観客も含めてみんなで歌い、とても一体感のあるライブでした。

坂元さんが紹介するミュージシャンは私にとっても合います。
2年前の天伶知詠さん、田中永美さんもそうでしたが、今回のはなおと、春妃さんもとてもよかった。
これからの活動も注目していきます。

田中永美さんは3/16のアコワドイベント「百花繚乱」に出演いただきます!
http://www.aco-world.com/event/190316
こちらもよろしくお願いします(^^)

*はなおと*「Nda nahan」
春妃「生きる」
田中永美「Colorful」


ブログ再開します

1年4ヶ月ほど放置していたブログを再開します(^^;)
ライブレビューが中心になると思います。
更新頻度も緩やかなものにはなりますが、よろしくお願いいたします。

とりあえず本日は、決まっているイべントの紹介をさせていただきます。

The day of Sugarless vol.9
2019/1/27(日)開場16:30 開演17:00
出演:Ryutaro、福成修治、Pino forastiere
オープニングアクト:葵ミシェル
会場:sonorium(東京・永福町)
料金:前売4,500円 当日5,000円(全席自由)
チケット販売方法
・通販サイト http://acoworld.thebase.in/items/14223237
・チケットぴあ http://ticket.pia.jp/pia/event.ds?eventCd=1851804
イベントの詳細はこちら→http://www.aco-world.com/event/190127/

イタリアから初来日するPino forastiereを迎えてのSugarless Recordsのイベントです。
Sugarless Records代表のギタリストRyutaroさんがPinoを敬愛していることから実現した貴重なイベント。
それぞれ個性が異なる4人のギタリストであり、ギターの多様性もよくわかるでしょう。
個々の出演者の詳細は後日にも紹介させていただきます。