アコギのサイズ

アコースティックギターのボディサイズは現在はとてもたくさんある。

マーティンのドレッドノートが開発される前まで、アコースティックギターはシングルオー、ダブルオーが主流であった。
音楽の流行に合わせて大きいサイズで大きな音量が求められた。
ギブソンはさらに大きなジャンボサイズが発売され、概ね大きなサイズはジャンボ、ドレッドノートであり、最小はシングルオーでしょう。
その間には、長らくOMがあり、ギブソンはクラシックギターのサイズに近いLGタイプがあった。

1980年代頃からハンドメイドのギターが増えてきて、様々なサイズのギターが出てきた。
アーヴィン・ソモジのMD(モディファイド・ドレットノート)などは人気があり、OMに近いサイズだが曲線がなだらかになっているものも多い。

なぜこれだけいろいろなサイズが存在するのか。
簡単な理由としては、大きな音量がほしいから大きなボディが求められてきた。
しかし、レコーディング技術、PA技術の発達によりギターそのものの音量差はそれほど気にしなくていい時代だと思う。

そうすると、弾き心地、音のバランス、音色といった違いがサイズによって異なるせいなのだろう。
単純に大きなボディは小さな体では弾きにくい。
やはり体にあったサイズのギターというのは大事でしょう。

よく言われるのは、ドレッドノート、ジャンボはストローク向き、OMは指弾き向きということ。
しかし、これも一概には言えない。
確かにドレッドノートの強い低音はストロークに向いているが、指弾きでもその低音を生かすことができる。
レコーディングにおいてはドレッドノートのストロークでは低音が強すぎると感じ、バランスのとりやすいOMでストロークするケースもある。

大きなボディだからストローク、小さなボディだから指弾き、というのではなく、自分の演奏スタイルにどのサイズが合うかというのは実際に弾いてみないとわからない。

楽器店では試奏もできるし、市場に出回らないハンドメイドギターも最近は東京のハンドクラフトギターフェス、大阪のサウンドメッセではいろいろと展示され、試奏もできます。

あまり印象づけず、いろいろなギターの音を実際に聴いてみましょう。

アコギの見た目

アコースティックギターはいわずとしれた楽器です。
まずは音が良くなければいけない。
そして、弾きやすい方がよい。
見た目は二の次、とは思ってません(^^;)

ギターの見た目はとても大事だと思ってます。
音、弾きやすさはもちろん大事であり、それを無視してまで見た目を重視するのはよくないですが、音が良いけど見た目がなんか好きじゃない、という場合は無理してその楽器を選ぶことはないでしょう。

自分の演奏レベルで何を重視するかも変わってくると思います。

全くの初心者であれば、まずは見た目と弾きやすさを考え、音が良いに越したことはないですが、それほど重要視しなくてもよいと思います。
見た目が気に入ってないとギターを好きになりきれないし、弾きにくいと練習時間が短くなるでしょう。

中級者になり、いいギターを買おうという時に音を重視すればよいでしょう。
それでも見た目も好みを選んだ方が、ギターに愛着がわきます。

そこから先に進むと、見た目の好みはがガラッと変わるケースが多く、何年もギターを弾いていてギターの見た目の好みが変わらない人はほとんどいないと思っています。

多いパターンとしては、シンプルを好むケース。
最初は色が付いていたり、貝のインレイが入っていたりと派手なものを好むケースが多いです。

マーティンで言えばD-45に憧れていたが、シンプルなD-18,D-28の方に魅力を感じる人が増えます。
派手なデザインを否定する訳ではないですが、ギターがもともとシンプルな楽器だけに、そのシンプルさに美徳を感じるのではないでしょうか。

8月6日

1945年8月6日広島に原爆が投下された。
これは忘れられない、忘れてはいけない事実だ。

原爆がどれほど残虐な兵器かということを日本人はわかっていると思う。
しかし世界はどうなのだろう。
どれだけ「民間人」に被害を及ぼすか理解しているのだろうか。
理解していてこれほど多くの核兵器が製造されたのだろうか。
私と広島の縁はあるんだかないんだか。。。

終戦間際、北海道に住んでいた父の一家は、徴兵間近であった父以外の家族は広島に移った。
そして原爆が投下されたが、父の家族に被害はなかった。
窓ガラスにヒビが入った程度ということ。
終戦後、父は北海道から東京へ出てきた。
父の両親、妹3人はずっと広島住まいだったが、父は広島に住んだことはない。
父方の祖父は私が生まれる前に亡くなっており、祖母も会うことなく亡くなってしまった。

それでも広島には縁を感じる。
そして、原爆のことも身近というか、存在感がとても強い。

71年経った今でも、被害にあった人たちにとっては色あせるものではない。
なんの影響もなかった私たちも、原爆が投下されたらどのようなことになるかを忘れずに伝えていかなければいけないと思う。
岡崎倫典 「消えた街」
https://www.youtube.com/watch?v=hoIXZC_A1EQ
さだまさし 「広島の空」

B.B.King

B.B.King、いわずとしれたブルースの巨人。
ブルースを聴き始めてすぐに聴いたブルースマンの一人で、始めてブルースマンのライブを見たのはB.B.Kingでした。

1995年前後のブルーノート東京での公演。
今の場所より二つくらい前のライブハウスで、今より随分収容が少なく、ミュージシャンが目の前にいるような会場でした。

すでに70才前後だったためこれが最後の来日か、とも言われていたので、何はともあれライブを見てきました。
B.Bはヴォーカルもギターも唯一無二の個性。
私は特にギターが好きですが、一音出しただけでB.Bとわかる音色、シンプルな演奏スタイルですが強烈な個性です。

B. B. King – The Thrill Is Gone

愛用するギターはB.Bのオリジナル。
ギブソンES-355をベースに、Fホールがないブラックボディがメインというか、何本も使用している一番多いモデル。
愛器を「ルシール」と名付けており、ギブソンからB.Bモデルも発売されている。
(市販モデルはソリッドボディ)

「ルシール」というのが女性の名前というのはわかりやすく、最初は昔の恋人の名前かと思っていた。
しかし、調べてみるとB.Bが若い頃に演奏したクラブで女性をめぐって二人の男が争って火事になり、その時の女性の名前が「ルシール」ということ。
こんな馬鹿な真似はしない戒めという意味で、愛器に「ルシール」と名付けたが、こんな命名普通思いつかない。。。

とにかく始めて見たB.Bは鮮烈だった。
ブルースのライブ、コンサートホールでないライブというのも始めてだったかもしれない。
間近で見た強烈な存在感と個性的なギターの音色、迫力あるヴォーカル70才近い年齢を感じさせなかった。

最後の、と言われていたが、その後2回来日(^^;)
2回とも見に行くことができ、最後は確か2000年前後だったと思います。

さすがに80才を越えると海外ツアーは難しいようで、それでもアメリカ国内ではライブ活動を行っていたようです。
そして、2015年5月に他界。

今後これほど存在感の強いブルースマンは出てくるだろうか。
やはり今のブルースと1950〜60年代のブルースは世界観が異なると思う。
テクニックは向上しても、この年代ならではのブルースの盛り上がりを体験するとしないでは、身体に染み込むものが違うような気がする。

それでも今のブルースマンは今しかできない世界観でブルースを魅せてほしい。

サチオ

たまには犬のことを。

ウチにはミニチュアダックスが2匹います。

6才の女の子ハナと、本日13才になった男の子サチオです。

サチオは本日13才としてますが、年齢は推定、誕生日はウチに来た日です。
サチオは5年前の今日、保護センターから引き取ってきました。

こちらは本日のサチオ。
20160804sachi
迷子犬として保護センターに1ヶ月ほどおり、あと数日で殺処分になる、というツィートを見ていてもたってもいられず、引き取ってきました。

保護センターでのサチオです。
IMGP1468

当時1才のハナがいましたが、元々もう1匹ほしいと思い少し広い部屋に引っ越していたので、受け入れる態勢がありました。

サチオは迷子犬のため、正確な年齢や保護センターの前の状況が全くわかりません。
引き取った時、去勢はされておらず、しつけらしいこともされていないようでした。
病院に行ったらフィラリアにも感染しており、以前はあまりいい状況ではなかったように思われます。

わかりにくかったのは年齢。
目の白濁が進んでいるのであまり若くないだろうと言われましたが、毛のツヤはよく動きが活発なので、10才は超えていないのでは、ということで推定8才としていました。
それから5年、現在は歩くのもかなり遅くなり、目の白濁も進んでいます。しかし、13才という年齢は当たらずとも遠からず、おそらくずれていても前後1才くらいでしょう。
動きが鈍くなってますが、元気なものです。

私が犬と暮らしたいと思ったのは、このブログを見てから。

漫画家の犬たち
http://ameblo.jp/mangakanoinutachi/

ポメラニアンの茶壺くんとの生活を見て、犬と暮らしたいと思いましたが、このブログを見たのはもう10年以上前になります。
ブログを書いている漫画家の柴田亜美さんは保護されたワンコの一時預かりもしています。
このブログで保護犬という存在を知りました。

現在犬、猫はブームといってもいいくらい飼っている人が多いです。
その分、飼育放棄も増え、保護センター等に多く持ち込まれます。
公的な施設では長い間犬猫を保護できないので、長時間引き取り手がないと殺処分されるという問題が発生しています。

今年の春に茶壺くんは16才で亡くなってしまいましたが、ブログは継続し、保護犬の話もいろいろ出てきます。

これから犬、猫を飼いたいという方は、ペットショップで購入するだけでなく、保護センターから引き取ることもできるということを頭に入れておいていただきたいと思います。

ソロギターのCM

ソロギターの曲は何気なくテレビでよく使用されています。
天気予報などBGMで様々な曲が使われてますが、CMでも時折見かけます。

ここ数年で取り上げられた映像をまとめてみました。
docomo Andy McKee 「Rylynn」

クレジットがないので一般の人には誰が弾いてるかわからない。。。
映像に時折出ているギター持ってる人が弾いてると思った人も少なくないのでは。。。
三菱地所レジデンス 押尾コータロー「いつか君と」

ソロギターファンが大喜びしたCMですね。
BGMとしてだけではなく、押尾さんが映像で出ています。
京都中央信用金庫 田中彬博
http://www.chushin.co.jp/library/index.html

おそらく限られた地域で流れているCM。
アッキーさんらしいさわやかな楽曲です。

富士通 石井完治

スラップが小気味良い完治さんらしい演奏。
これもクレジットがないから誰だかわからないですね。。。
大塚製薬 MIYAVI

ソロギターとは少々違いますが、アコギメインのCM。
MIYAVIさんは他にもCMがどんどん増えてます。
オンワード樫山 五大陸 マスクロイド

これもソロギターとひゃ少々違いますが、ギタリスト「マスクロイド」の楽曲。
CMでもなくPR映像のようですがかっこよかったので(^^;)
番外編

ニプロ エバラ健太

ハウス食品 エバラ健太
http://housefoods.jp/products/tvcm/90cm_150227/index.html

ソロギターではないですが、ソロギターもできるシンガーソングライターエバラ健太さん。
CMで使いたくなる歌とギターです。
これを書いている最中、付けっぱなしのテレビでマツコと有吉〜で、押尾さんの「翼」「太陽のダンス」が続けて流れました。

いろいろ需要のあるソロギターですが、もっといろいろギタリストが注目されるようになってほしいです。

川畑トモアキ インストアライブ in LAST GUITAR

本日は東京、阿佐ヶ谷ラストギターで川畑トモアキさんのインストアライブ&クリニックでした!
川畑さんの特徴は音数が多いアルペジオに美しいメロディが際立たせる、テクニカル&メロディアス。

今回のインストアライブは川畑さんが愛用するギター、アストリアスのグラン・ソロと、ニューモデル、グラン・ソロ・プレミオの紹介も兼ねていました。

ライブは1時間ほど、最新作「Atelier」の楽曲が中心。
様々な曲調で、とても音数が多いが正確な右手のピッキングで音の粒立ちがよい。
メロディは丁寧に音色、音量を変えて独立するように奏でる。豊富な練習を積まなければ弾けない楽曲ばかりです。

最後の「眠りの森」は全編トレモロの楽曲。アコースティックギタリストではトレモロを挿入することはあっても、最初から最後までトレモロ奏法はないと思います。
こちらも丁寧で美しいトレモロ。アコースティックギターでこれほど正確で美しいトレモロを奏でるギタリストはそういないでしょう。

クリニックでは練習方法を説明。
高速アルペジオや左手だけのトレーニング方法などを解説しました。
技術的なことだけではなく、作曲の取り組み方など幅広くお話しいただけました。

川畑さんのギターの師はクラシックギタリストなので、アコースティックギタリストとして活動していますがクラシックのエッセンスも色濃くあります。
まだ聴いたことのない方は、ぜひアルバム、ライブで演奏を聴いてほしいと思います。

川畑トモアキ 『たからもの』

川畑トモアキ 『笑顔』

川畑トモアキ ホームページ
http://batalog.ojaru.jp

Hey Hey

エリック・クラプトンがアンプラグドで披露した「Hey Hey」、さらっと弾いていてとてもカッコよい。

Eric Clapton – Hey Hey


まだソロギターもカントリブルースも知らなかった私は、初めてCDで聴いた時にベースとそれ以外は別々に弾いているかと思った。
すぐに映像を見て、二人で弾いてはいるが、隣のアンディ・フェアウェザー・ロウはパートを分けているのではなく、ちょっと味付けしている感じだということを知り驚いた。
クラプトンだけの演奏でもよかった気がします(^^;)
この曲はビッグ・ビル・ブルージーというブルースマンの曲です。
ビッグ・ビル・ブルージーは1893年生まれ(1898年説有)、1958年没。
「Hey Hey」がこんな時代に作られた曲だとは思わなかった。

Big Bill Broonzy 1957: 3 Songs

2曲目が「Hey Hey」です。
クラプトンの演奏よりかなり力強い。
このようなシャッフルビートを得意としていたようです。
晩年に撮られた映像のようですが、こんな時代にこれほどの演奏能力の高いギタリストがいることに驚き、ここからカントリーブルースにはまっていきました。

ちなみに、クラプトンがデレク・アンド・ドミノス時代に録音した名曲「Key to the Highway」も原曲はビッグ・ビル・ブルージー。
クラプトンはビッグ・ビル・ブルージーに強く影響を受けていたようです。

Big Bill Broonzy-Key to the Highway


Eric Clapton – Key to the highway

スティーヴィー・レイ・ヴォーンのアンプラグド

私はスティーヴィー・レイ・ヴォーンが好きです。
スティーヴィーはジャンルでいうとブルース・ロックというべきか、ほとんどギターはストラトを使っていました。
そんなスティーヴィーもアンプラグドでアコギを披露。

基本的にエレキギターとアコースティックギターは別物といってもよい楽器だと思ってます。
特に弦のテンションがかなり違うので、アコギをエレキのように弾くのは難しい。
アコギ弾きがエレキを弾いてもなかなかうまくいかない。

エリック・クラプトンはアンプラグドでは見事なアコースティック・ギタリストぶりを披露した。
エレキとは全く異なる弾き方だが、クラプトンはあまり表には出していなかったが、それまでもアコギを結構弾いていた。

スティーヴィーのアコギはクラプトンのスタンスとは大きく異なる。
エレキギターのフレーズをそのままアコギに取り入れ、それを見事にアコースティックな音楽に昇華させている。
もちろんエレキと全く同じフレーズを弾いている訳ではないが、エレキの迫力をアコースティックでテイストを変えて表現している。
これは簡単なことではないだろう。
そんな迫力あるアンプラグドの映像を紹介します。

Stevie Ray Vaughan MTV Unplugged
Rude mood,Pride and Joy,Testify.

タブ譜

タブ譜はいつから登場したのだろう?

ウィキによると、14世紀からということ(^^;)
とは言っても、いわゆるカントリー、フォーク等が盛んになった1950年以降、一般的にはなかっただろう。

私がギターを始めた1980年代前半は見かけなかった。

ステファン・グロスマンが独自にベース音とそれ以外の指の使い方もわかりやすいタブ譜を公開していたようだが、それ以前もあったのだろうか。

フォークの楽譜では全くタブ譜はなかったが、高校生の時に始めたエレキギターの楽譜はタブ譜があり、それを活用していた。
リフはともかく、ギターソロの細かい音符は、通常の楽譜よりもタブ譜の方がはるかにわかりやすかった。
1980年代中頃〜後半で、すでに当たり前のように掲載されていたので、結構前からあったのかもしれない。

タブ譜は便利だ。
どの弦の何番目を抑えるという指示なので、音符をたどるより楽だと思う。
長年クラシックを勉強した人から見るとわかりにくいという話ですが。

しかし、タブ譜をアテにしすぎると、自分が何の音を弾いているかがわからないまま弾いていることになる。
それがドなのかソなのかではなく、2弦の7フレット目、という覚え方になってしまう。

オープンチューニングが多いソロギターではタブ譜は必須かもしれないが、タブ譜だけでなく、音符もきちんと辿り、自分が何の音を弾いているか、どのコードの上にいるかという把握はしておいた方がよいでしょう。

この10年くらいで始めた方はレギュラーチューニングがよくわからない、音符が読めないという声をたまに聞きます。
ギターを弾くというだけでなく、音楽を奏でるという意識は大切だと思います。

Acoustic Gutiar World 発行。ギター、ギタリスト等についてつれづれに書いていきます。ときどきワンコ。http://www.aco-world.com