Acoustic Guitar World
ホーム インタビュー ニュース イベント 電子書籍 レビュー   無料メールマガジン
ギタリストインタビュー〜伍々慧
10代の作品を再アレンジした楽曲を中心に収録されたアルバム「Remembering」の話を中心に、当時と現在の違いや音楽観、これからの活動などお話しいただきました。

Acoustic Guitar World vol.100電子書籍(EPUB)ファイルをダウンロード
1 2 3 次のページ
伍々慧ーまずはニューアルバム「Remembering」についてお聞きしたいと思います。どのようなコンセプトのアルバムなのでしょうか。

伍々慧(以下、伍々):中国のメーカーから中国、台湾、香港に向けて発売する予定の、廃番となっている10代の頃の作品群の再録盤でした。10代の曲は、今演奏したい作風や世界観とギャップがあるのでこの話をお受けするかどうしようかと迷ったのですが、昔の音源のまま弾くのではなくて、今の感覚でアレンジをして、新曲も加えて一つのアルバムにまとめるはどうかと聞いてみたら、OKということになりました。コンセプトとしては10代の「無かったことにしていた作品」を、30代を目前に振り返る、そしてアルバムを聴くとその聴く人にとっての思いで巡りをしているような感覚を味わってもらうようなイメージで作りました。

ー10代の楽曲は大幅にアレンジをされたのでしょうか。

伍々:曲によってはそうですね。昔はほぼDADGADチューニングで弾いてましたが、それをレギュラーチューニングに変え、コードやメロディも書き直しているので、聴き比べるとだいぶ変わっていると思います。
昔の音源を聴き返すのは楽しくない作業でした。今よりも未熟だったり稚拙だったりするので聴きたくないんですよね(笑)。アレンジをしても今やりたいこととの距離をなかなか狭められず、原曲と全く違うことをやってもコンセプトと違ってしまうので、苦労して落としどころを見つけました。

ー中国ではすでに販売されているのでしょうか。

伍々:いいえ、秋頃の予定です。

■□各曲解説□■

1.Remembering

今回3曲新曲を入れたのですが、その内の1曲で一番新しい曲です。タイトル通り、素敵でちょっとほろ苦い思い出を回想するイメージで作りました。

2.Evergreen

2年前に大阪でホールコンサートをしたのですが、その時にご来場者様に未発表曲を収録したダウンロードカードを配布していて、その中に入っていた曲です。その後ライブでは弾いてなかったのですが、今回メロディやコードを付け直して仕上げてみました。それこそ10代、青春時代を振り返って作ってます。曲は爽やかな感じでまとめましたが、僕の青春時代の爽やかさとこの曲の爽やかさはあまり一致してません(笑)。このくらい爽やかな青春時代があれば、もう少し爽やかな大人になっていたのかもしれません(笑)。

3.太陽(The Sun)

17才の時のアルバムに収録されていた曲で、DADGADで作られていた曲をドロップDに作り直してます。比較的原曲の雰囲気を残してますが、原曲は若い感じだったところを今回はやわらかい感じにしたいと思いました。作った当時はキャッチーなメロディができたと思っていたのですが、今聴くと若すぎてちょっと恥ずかしい曲です(笑)。

4.なきむし(When You Cry)

16才の時の1枚目のアルバムに収録されている曲です。DADGADをレギュラーに直してキーも変えています。普段使わないのですが、ボディを叩くパームをあえて使ってみました。2コーラス目からパーカッションが入るような感じで使ってます。この曲に関してはどういう経緯で作ったか思い出も思い入れもなかったのですが(笑)、結構好きでいてくれている方が多くて今回選曲してアレンジしてみました。

5. ウキウキ(Uki Uki)

2枚目のミニアルバムに収録されていた曲で、DADGADをドロップDにしています。これは結構アレンジしました。原曲は2ビートっぽい感じでしたが、今回はベースを動かして4ビートっぽくしてみました。これもちょっとこっぱずかしいメロディと僕は思っているのですが、それも含めてこの「ウキウキ」だと思い、原曲のメロディはできるだけ残して、アレンジしてみました。





1 2 3 次のページ

伍々慧 http://www.gogosatoshi.com/

1988年大阪生まれ。
Finger Picking Day 2004にて、15才で最優秀賞を獲得。
2005年1stミニアルバム「melody」リリース。
クラシックギターおよび楽典・ソルフェージュ等を古川忠義氏に師事、音楽を基礎から学ぶ。
2006年2ndミニアルバム「COLORS」リリース。
CHAGE and ASKA , 佐藤竹善氏, 南こうせつ氏らのレコーディングに参加。
20歳から2年間ほどジャズギターを馬淵昌宏氏に師事。
2010年ウクレレ奏者新納悠記氏とニーノアンドゴーゴーを結成。
2011年初のフルアルバム「SONGS IN POCKET」をリリース。
2013年には、全世界規模の作曲家のコンペティション、"International Songwriting Competition 2013"でInstrumentalカテゴリのセミファイナリストに選出。
2ndアルバム「Bedtime Story」リリース。
2015年3rdアルバム「My Bluebird」リリース。
2017年4thアルバム「Shipmates」リリース。
日本各地で演奏活動を展開、また大阪で自主企画のホールリサイタルは毎回チケットが完売し、好評を博す。
近年は日本だけにとどまらず、台湾・韓国・中国でも毎年単独ホールツアー敢行・CDや楽譜集も発売され、精力的に活動。またアメリカ・イギリス・フィンランド・スウェーデン・オーストラリアなどでも演奏活動も展開し、少しずつ・確実にその音楽と名は世界に広がっている。
Remembering
Remembering
2018年7月1日発売
販売価格:2,500円

1.Remembering
2.Evergreen
3.太陽(The Sun)
4.なきむし(When You Cry)
5. ウキウキ(Uki Uki)
6.お月さま(Mr.Moon)
7.Remember You
8. Ambition
9. ほしなき(Hoshinaki)
10. またあした(Sunset Color Blues)

販売サイト https://www.gogosatoshi.com/product-page/remembering







Acoustic Guitar World

トップページ l インタビュー l ニュース l イベント l 電子書籍 l レビュー l EPUBについて l facebook l Twitter 
Acoustic Guitar World について Copyright © Acoustic Guitar World All Rights Reserved.